歌唱力アップを目指すならアンミュージックスクール(アンヴォイスカンパニー)がおすすめ♪

HOME » ヴォーカルレッスン以外の多彩なコース » ギター科/ベース科

ギター科/ベース科

アンミュージックスクールのギター科とベース科の特徴を調べました。

実技・音楽理論・アンサンブルを学べる

アンミュージックスクールのギター科とベース科は、それぞれプロギタープレイヤーおよびプロベースプレイヤーの養成を目的としたコースです。

ギター科では、ギター実技、音楽理論、アンサンブルの3科目を中心に学習します。またベース科は、エレクトリックベース科とウッド・ベース科に分かれています。

エレクトリックベース科はギター科同様、実技、音楽理論、アンサンブルの3科目を中心に学んでいきます。ウッド・ベース科は、実技と音楽理論の2科目が中心です。

ギター科もベース科も、マスターコースとセレクティブ・コースの2種類からコースを選べます。

マスターコース

マスターコースのカリキュラムには、ギターやベースの演奏以外に、総合的な音楽の授業も含まれています。
ギタープレイヤー、ベースプレイヤーとしての能力だけでなく、ミュージシャンとしても一流になるための2年間のプログラムが組まれています。

セレクティブ・コース

セレクティブコースでは、必要な授業だけを1科目から履修できます。
忙しい方、趣味として気軽にギターやベースを楽しみたい方、復習や苦手克服学習をしたい方などに人気のコースです。
アンミュージックスクールのすべての授業から選ぶことが可能です。

現在活躍中のOBより

この科のOBの声をあつめました。

二宮義裕さん(Guitar)

ギター1本で生活できるようになったのはつい最近のことです。
アンを卒業してすぐは、メジャーアーティストのレコーディングに参加したり、各地でライブをしたりしました。
でも収入は少なく、バイトをしながら多いときは11バンドも掛け持ちをしました。
それができたのも、アンで身に付いた基礎力や実践力のおかげです。
絶対にプロになるという強い信念を持ち続ければ、必ず実現すると思います。
それと、師匠や仲間を見つけることもとても大切です。

  • プロフィール
    数々のメジャー・インディーズアーティストのサポートギターやメンバーとして、ライブやレコーディングなどに参加。2010年公開の映画「COACH」ではギターを担当。2009年には1stシングル「Beyond the blue」をリリース。

田口裕美子さん (Bass)

私が音楽と生きていく上で大切にしていることは「気持ち」です。
ベースを弾くときも作詞作曲をするときも、いつも自分の気持ちを吹き込んでいます。
私が音楽を聞いて支えられてきたように、私の出す音、作るもので一人でも多くの人の支えになりたいです。
仕事として音楽と向き合う生活は、自分の考えだけでなく多くの組織が動き、矛盾を感じて悩むことも沢山あります。
でも、私が大切にしている「気持ち」は、いつも心にあります。そして、それを教えてくれたのが桶沢先生、そしてアンで知り合った仲間なのです。

  • プロフィール
    ベース科樋沢逹彦講師に師事。元中ノ森BANDのベーシスト。